10.「一括変換機能」&「一括変換除外キーワード」設定

一部のトップアフィリエイターの方から以前よりリクエストされておりました“禁断の機能”とも言える「一括変換」機能を、キーワード解析ツール「イージー・ワーズ・アナリティクス(=EWA)」の発売開始(併用することで断然効率化が図れる)に合わせて、遂に実装いたしました。
この「一括変換」について大事なお話をしますのでしっかりご覧ください。
そしてご理解&ご納得いただけるようであれば、この機能も積極的にご活用ください。
「一括変換」機能を実装するに当たっては、同時に「一括変換除外キーワード」を設定できるようにもしました。これは上位表示に影響を及ぼすキーワードまで変換しては本末転倒だからです。

さて一括変換と聞くと、あなたも「夢のような機能だ」と大喜びするかもしれません。
1クリックするだけで目の前の文章が全く別の文章に生まれ変わってしまうのですから、喜ぶのも無理はないと言えそうです。
ただしこの一括変換機能は大きな弱点があります。
それは変換された文章が日本語的におかしな文章になってしまうということです。

これまでのMSRのウリは、前述の通り・・・
「目の前にあるどんな文章もオリジナル文章に生まれ変わらせることができる」というものでした。
ただしそのためには、あなた自身がマウスを利用して適切な文言を選択するという作業が必要になるわけです。
もちろんマウスだけで事足りるというのは画期的な事であり、時間の節約にも大きく寄与しますので、今なおこのMSRが売れ続けている最大の要因であることは間違いありません。

しかしながら今回の「一括変換」というのは、あなた自身が「適切な文言を選択する」のではなく、MSRが「“一瞬で”機械的に文言を選択する」という機能である為に、できあがる文章が日本語的におかしくなるというわけです。

「たった1クリックで目の前の文章が生まれ変わるけれども、
  日本語的にはおかしな文章になるって、こんなもの何に利用するんだい?」

とあなたは思われたかもしれません。まあそう思うのも無理はありません。

でも一部のトップアフィリエイターの方は、
「必要なキーワードが適切に含まれていて、希望するジャンルの文章であれば、その他はいとわない。とにかく作業時間を短縮させたいんだ!」
ということでこの文章を利用します。
と言ってもまだあなたの中ではクエスチョンマーク(?????)だらけですよね。
実はこの文章をキーワードのテストに利用するのです。
もう少し詳しくご説明しますと・・・
あなたもアフィリエイトサイトを作るに当たっては、検索キーワードを想定しているはずです。
例えば「脱毛器 ケノン 使い方」という検索キーワードでサイトを上位表示させたいと考えれば、そのキーワードを踏まえたサイトを作ろうと考えますよね?
でもここで考えていただきたいのです。

あなたは最初からこのサイトに多くの時間とお金を掛けたりしていないでしょうか?

もしこのキーワードが
「多くの時間とお金を掛けたのに、全く上位に上がってこずに稼げないキーワード(サイト)だった」
としたら、これほど無駄なことはないですよね。

一部のトップアフィリエイターの方はそんなことはしません。

先ずはそのキーワードが上位に表示されやすいキーワードかどうかをテストするのです。
しかもテストするのは1つや2つのキーワードではありません。数多くのキーワードでテストします。

すなわちそのキーワードを含んだテストサイトを数多く作って、それが上位に上がって来るかどうか(=そのキーワードが上位に表示されやすいキーワードかどうか)を先ずは見極めるのです。
そしてそれらのサイトの中で、実際にキーワード検索で概ね30位以内(もしくは20位以内)に入ってきたものに対してだけ、時間とお金を掛けてコンテンツのしっかりしたものに作り直すというわけです。

これらのトップアフィリエイターの方は数多くのサイトを作ってテストするわけですから、はっきり言って1つ1つにしっかりとした文章を用意するなどということをしていては、いくら時間とお金があっても足りません。
いずれ上位に上がってきたものについては作り直すということが前提なので、とにかくキーワードがしっかり含まれていて、希望するジャンルの文章が素早く手に入る

のであれば、全体的な日本語の質がどうであろうと構わないということなのです。

そうした考え方なので、リライトする元文章というのは上位表示させたいキーワードで現在上位表示しているサイトなどの文章を利用し、その文章を一括変換機能を利用して別の文章に仕上げれば良いというわけです。

「一括変換」機能を利用すれば、

  • 文章を引っ張ってきて、
  • 除外キーワードを設定して、
  • 一括変換して、
  • サイトやブログにその文章を掲載して、
  • アップする

までに掛かる時間はせいぜい15分程度です。

これであれば、1日8時間で32個ものテストサイトをアップすることができます。


トップアフィリエイターの方にとって大切なことは、いかに効率的に収益化が狙えるキーワードを見つけるかということなのです。

今の時代ドメイン代は1個30円ですから、テストサイトを1個作ろうが100個作ろうが金額的にはそれほど大差ないわけで、大量のテストサイトを作れる一括変換機能は非常に重宝するというわけです。

「テストサイトを100個アップするのにちまちまと時間なんか掛けられない。」
「上位表示するかどうかも分からないキーワードに時間とお金を掛けていられない」
「手っ取り早く上位表示が狙えるキーワードを見極めて、そこで初めてコンテンツを充実させたサイト作りに
 お金と時間を掛けたい。」

という人にはこの一括変換機能は十分に貢献してくれるはずです。

あなたが「日本語的におかしな文章を掲載したサイトなど意味がない」とか「今の時流から逆行している」 と主張されるかもしれないことは重々承知しております。 しかしながら実際に上記のやり方で実績を上げていらっしゃる方が多々あることも事実なのでご紹介させていただきました。 「一括変換」機能の利用についてはもちろんあなたの判断にお任せしますし、従来通りあなた自身で1つ1つマウスを使ってリライトしていくという方法でも、もちろん大幅な時間短縮はできますので、その利用方法を続けていただければと思います。

「一括変換」機能については、上位表示させたいキーワードであってもリライト候補がある場合は必ず変換されてしまいますので、予め除外キーワード設定をすることが必要です。こうすることで上位表示しやすいサイトになります。(除外キーワード設定に関してはMSRを購入後に受け取るマニュアルにてご確認ください。

 

前のページに戻る場合はブラウザの戻るボタンをご利用ください