2021年9月29日、4,235文言追加! 全171,041語収録済    2021年4月18日、2,652文言追加! 全166,806語収録済    2020年11月18日、2,911文言追加! 全164,154語収録済    2020年7月2日、2,694文言追加! 全161,243語収録済    2019年12月4日、3,662文言追加! 全158,549語収録済    2019年10月28日 利用者7,000名を突破しました!    2019年9月5日 システムの不具合を解消しました!    2019年6月11日、2,381文言追加! 全154,887語収録済 2019年2月10日、1,490文言追加! 全152,506語収録済    2018年8月3日、3,386文言追加! 全151,016語収録済    2018年7月24日 遂に禁断の"一括変換"機能実装!    2017年9月26日 MSRがさらに進化! バージョンアップしてより使いやすくなりました!    2017年4月18日 2,791語追加!     2015年11月28日 ハイライト機能確認用簡易ツール掲載開始!    MSRがさらに進化! 2015年6月16日 ハイライト機能をバージョンアップ(作業時間が大幅に短縮)しました!    メイン・サイト・リライター"MSR"が「2014年インフォトップグランプリ第6位」に入賞しました!応援ありがとうございました!!

「キーワードの出現頻度と配置」をそのまま踏襲

あなたはSEO内部対策のひとつとして、
「ターゲットキーワード(上位表示させたいキーワード)の出現頻度と配置が重要」ということを聞いたことがありますか?

・文章全体に占めるターゲットキーワードの数
・そのキーワードが文章全体のどこに配置されているか

ということが、SEO対策上重要であるという考え方です。
当然上位表示されているサイトはこれらの要素が理想的な形で盛り込まれている可能性が高い
と言えます。

だとすれば、MSRを利用して検索ランキング上位のサイトの文章を“ターゲットキーワードは
そのままにして”置き換えていけば、「訪問者のニーズを満たす文章が作成できる」だけではなく、
「ターゲットキーワードの出現頻度と配置」は、検索ランキング上位サイトのものを踏襲できる
ということが言えます。

つまりMSRを利用すれば、SEOに絶大な効果があると言われている

「ターゲットキーワードの出現頻度と配置」
「訪問者のニーズを満たす内容」

という最も重要な2つの要素を同時に満たす文章をいとも簡単に準備することができるということです。

実際、弊社もSEOの内部対策の一環として、最終的に書き上げた文章を10段くらいに分割して、
その中にターゲットキーワードが平均して含まれているかどうかを必ずチェックします。

そしてもし過不足がある場合には、加えたり取ったりということを実施しています。

 

前のページに戻る場合はブラウザの戻るボタンをご利用ください